FC2ブログ
 
プロフィール

中田 治

Author:中田 治
京都北山にて育林・販売事業を営んでいます。
北山の自然を守りたい、後世に残したい、日々その思いでがんばっております。

北山杉見学ツアー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
世界で一番細くて長い木を育てる北山杉の林業
世界で一番細くて長い木を育てる北山杉の林業

一番大切な作業は 「枝打ち 」 枝を綺麗に取り払う作業です。
一人前の枝打ち士になるには 少なくても6〜7年かかります。
北山杉は細くて長くて節のないのが特徴。
植林をして約8〜10年に一番最初の枝打ち(ひも枝)をします。
それから 約4年毎に伐採迄作業は続けます。
細い木を節のない無地の木に育てるには
北山杉の木肌に傷を付けないように
枝のあった所が少しエグれる様に打ちます(取り払う)
これがまた熟練者でなければ出来ない。
ただ枝を払うだけでなく
木の成長や枝の張り具合も見極め
その木に応じて枝打ちは進めなければなりません。
木はだんだん細く長くなっていきます。
では枝打ちはどの様にするのでしょう?
作業写真



関連記事
スポンサーサイト


【北山杉見学ツアー随時予約受付中】


北山杉について | 22:03:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad