FC2ブログ
 
プロフィール

中田 治

Author:中田 治
京都北山にて育林・販売事業を営んでいます。
北山の自然を守りたい、後世に残したい、日々その思いでがんばっております。

北山杉見学ツアー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

リンク
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
北山杉を使ったTOKONOMA
建物の中には 導線というものがあります。それは人招き入れる為の道筋だときいてます。その先に床の間があるのですが、では床の間とは・・・?色々な説があります。それでは、私流に・・・。床の間とは そこは主、住まう人の「もてなし」の気持ちを表現するところ。自分にとって大切な人をお迎えした時その気持ちを 何で表現しましょう?高いお寿司や料理?ではなく、一番自分のお気に入り物・・・それが壷でも軸でもビ-玉でも何でもいいと思います。それに奥様家族が作った花などを生ける・・・自分の心のこもったものを置く・・・それを最大限に引き立たせるのが床の間だと思います。招いた人に主の気持ちを表すところ。決して華美にならない、けど自己主張はする。こう書くと難しいですが本来気持ちを表す処としてシンプルに考えればいいのかな・・・・って思ってます。
CIMG0258_convert_20090418082551.jpg
この床は笛吹様邸のものです。まったく関係ない余談ですが尾崎亜美は中高の同級生・・・今FMで特集してました。元気に頑張ってる!!
関連記事
スポンサーサイト





【北山杉見学ツアー随時予約受付中】


北山杉の床柱 | 08:56:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する