プロフィール

中田 治

Author:中田 治
京都北山にて育林・販売事業を営んでいます。
北山の自然を守りたい、後世に残したい、日々その思いでがんばっております。

北山杉見学ツアー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
北山杉 室内の景色
北山杉の床柱の下の方(元の方)を少し削って使うことがあります。
たけのこをつけると言ったり袴つけるとも言ったりします。
以前は少し弓なりになった北山杉を使うのによくした手法です。
反った木は畳の縁取りに合わせるために削って使いました。
でもそれは 木を有効に使うだけで無く
少し変化をさせて 風景として見る場合みあります。
特にお茶室においては 全体を整えさせるのではなく
使う材料にわざと変化をさせ
崩して 風景として使う事により
より趣のある建物にします。
茶の湯の精神につながるだけでなく
それを建てられる大工さんの感性が
建物をより凛々しく見せます。
今回は北山杉ではなく天然赤松の皮付きを
使用しました。
j-4.jpg
j-2.jpg
関連記事
スポンサーサイト


【北山杉見学ツアー随時予約受付中】


北山杉の床柱 | 22:13:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad