プロフィール

中田 治

Author:中田 治
京都北山にて育林・販売事業を営んでいます。
北山の自然を守りたい、後世に残したい、日々その思いでがんばっております。

北山杉見学ツアー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
失敗しない北山杉床柱の選び方
北山杉の床柱を選ぶ時 何を基準に選んだら良いのですか?
よく質問されます。何が良くて何がダメでがよくわからない…と。
そこで 北山杉の床柱を選ぶときのポイントの0を見てみましょう。
1)何所に植わっていたか。
 北山杉は植栽された場所が近年広範囲になっていますが、もともとの産地は北区中川地区。
 そこの村人が代々600年にわたり苗木を選木し大切に育ててきたものが北山杉。
 土地に適した苗木のエリートばかりを村人が山で育てています。
 北山の山は急斜面、養分が少なく、寒い冬…過酷な自然条件の中で育つ北山杉は
 長年育まれた苗木の選木、育林技術や管理方法で大切に育てられています。
 もともと中川地区を中心に半径4kmあたりに植林されていました。
 インフラ整備されて範囲が広がったものの土地の特性を残すその周辺で植えられた
 北山杉がやはり正統派のものなので選ぶ基準にします。
苗が北山杉の苗だからと言って何処で植えて育っても北山杉…とはいかないのです。
2011022314120001.jpg

2)樹齢
 北山杉の光沢や品格が後々に出る…やはり樹齢も選ぶポイントの一つです。
 年輪の詰まっていないものと文様や柄が初めは同じでも
 後々に光沢や品格に差が出て来て、良さを引き出させる役目をするのが樹齢。
 山が急斜面で栄養分が少ないと言う事は少しづつしか成長出来ないと言う事です。
 更に植林後約10年目で第一回目の枝打ちが行われ、それから4年毎に枝打ちされるため
 年輪の外側に向かうほど目が詰まってきます。
 通常30年~45年位で伐採されますので、30年以上の年輪の詰まったものを選びます。
20140825100010b64.jpg

3) 形状、紋様
北山杉には多くの種類があります。白杉、芝原、クロ、広河原…等々
白杉の中にも本白杉、峰山白杉…、芝原にも青芝原、千束芝原…今はもう解らない品種迄入れると
相当数ありますが、現在流通にのっている物は約10種類位です。
文様のある物無いもの其々特徴があります。
ここで気をつけなくてはいけないものに、
紋様が人工的につけられたものか自然にできたものかと言うことです。
型を針金などで木に巻きつけて作るのが人工(人造絞り、人造変絞りなどがあります)で
自然に紋様が出来るのが天然((早く言えばDNAを持っている苗から出来た木)です。
其々に独特の紋様に特徴がありますので、好みので選ばれたら良いと思います。
個人的には絶対同じものが無い天然が好みです。
20140825100011f90.jpg
20140825095951650.jpg

4)製造方法
あえて書かせて頂きました。
木を伐った時期、丸太にする迄の製造方法など我々製造業者が注意する点。
はっせん、オオヅチ…など木を伐ってはいけない時期があり其の期間を避けて伐ります。
何故か…。其の時期に木を伐ると虫が入りやすかったり、水抜けが悪かったりするからです
北山独特の加工方法方で「枝締め」と言う方法があります。割れにくく艶を出す最上の方法です。
又、古くから伝わる北山林業の伝統技法「本仕込み」などの製造方法もあります。
本仕込みや枝締めを施した物が申し分無いのですが、製造から乾燥に至る迄
手抜きなく製造された物を選ぶ事が大事です。
乾燥には、天陽乾燥、人工乾燥とありますがどちらも機械任せや手間を惜しまず
管理された物を選ぶ事がポイントです。
ちなみに小社の製造は新月伐採、本仕込みが主流です。
作業写真
P1000637_convert_20090511165541.jpg

5)その他
産地団体商標の証紙が貼られているか。
北山杉、北山丸太は特許庁の産地団体商標を収得しています。
この証紙が貼られている物は北山産地で造られたと言う証です。
小社では10年前より独自の産地証明を発行しています。
  2014082510141684c.jpg








関連記事
スポンサーサイト


【北山杉見学ツアー随時予約受付中】


よくあるご質問 | 15:43:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad