プロフィール

中田 治

Author:中田 治
京都北山にて育林・販売事業を営んでいます。
北山の自然を守りたい、後世に残したい、日々その思いでがんばっております。

北山杉見学ツアー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
北山杉床柱の手入れ方法
北山杉の床柱を入れられた時
よくお尋ねになられる事に
手入れ方法があります。
毎日磨くのは大変ですが面倒でも
最初の一ヶ月は週一回程度磨かれるのが賢明です。
では、何で磨けば良いか?と言うことですが
さらし(麻よりは綿が良いです)の袋に
炒った糠(スーパーやお米屋さんにあります)を入れて、口を閉めそれで磨くのが良いです。
糠の油分がじわっと出て丸太の表面を覆います。
もし糠が柱についても問題なし。乾拭きすればいいです。
チョッと糠は…そうおっしゃる方は
ナイロン系の物で磨かれても構いません。
でもなるべくなら最初は糠をお勧めいたします。
一ヶ月が過ぎたら月一度程度磨かれる事が
何時迄も光沢を保つ秘けつです。
外部に使われた柱類は磨くことはほぼ難しいので
経年変化を楽しむ感で良いと思います。
でもどうしてもと…と言われる方は埃を適度に取り除く事です。
また絞った濡れ雑巾でふかれても構いません。
其の後に糠で磨けば完璧です。




関連記事
スポンサーサイト


【北山杉見学ツアー随時予約受付中】


北山杉を新築に使う方法と 手入れ・メンテナンス方法 | 22:08:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad