プロフィール

中田 治

Author:中田 治
京都北山にて育林・販売事業を営んでいます。
北山の自然を守りたい、後世に残したい、日々その思いでがんばっております。

北山杉見学ツアー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
北山杉の間伐材の処置
切捨て間伐(間伐材を切り倒し搬出せずにその場で切り刻んで置いておく)が
水害の一要因になるから、間伐においても搬出、又手入れしない山等の持ち主に対して
処罰を含めた条例云々…
森林組合理事会で報告を受けました。
知事が住民の声を受け法整備に云々…何!!山持ってて手入れしないでそこにある木が
大雨で流出したら山主の責任??そんな話し聞いたこと無い。
確かに作用や福知山でそのような事が一部あったかも知れない。
しかし、それで全部がそのせいと言うのは少し極端すぎないか。
山林は放置して間伐しなくとも競争に負けた木は
枯れて倒れるそれが流出することも考えられなくも無い。
赤松…山主の意思とは別に松くい虫でやられ枯れて倒れる。
それが流れないとも限らない。その処置を山主だけに押し付けていいものかどうか。
P1050534.jpg
日本の山の半分以上は多分手入れしていないと言うより雑木林であろう。
そのやまぬし探して責任取れと言うのであろうか。
昨年の水害で北山杉が植わっている山の谷は
上流では流出した砂等で底が上がって逆に川下近くでは
谷底が下がって岩がごろごろ・・・初めて見る光景。
あれだけの 雨を降らす環境は一体誰が作ったのか…
そう言う事が此処から先も言われない。
CIMG0153_20140620164634025.jpg
市長は視察に頻繁に訪れられるが知事は府内が広いのか
そう状況を余りお見かけしない。ある政党の言われる事を
鵜呑みにして山主から直接聞かれることは無いような気がするので
もっともっと現場に足を運んで頂きたいなと思っています。
この環境は我々の生活便利になればなるほど悪い方に動いていく気がします。
これからも自然環境の変化を逐次お伝えして行きたいと思っています。
P1028889_201406201651153fd.jpg







関連記事
スポンサーサイト


【北山杉見学ツアー随時予約受付中】


北山杉をとりまく環境レポート | 21:10:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad