FC2ブログ
 
プロフィール

中田 治

Author:中田 治
京都北山にて育林・販売事業を営んでいます。
北山の自然を守りたい、後世に残したい、日々その思いでがんばっております。

北山杉見学ツアー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
世界で一番細くて長い木を育てる北山杉の林業
世界で一番細くて長い木を育てる北山杉の林業

枝打ちは植林後8〜10年に初めて行いますが
此れを 紐打ちと言います。
最初は少々下手が作業しても木が枝打ち跡を
包み込むので. 丁稚の頃は此処から教えられます。
普通は 鉈で行いますが人によっては鎌でされる人もいます。
紐打ちが終わると二番打ち
これからはとても大切な枝打ち作業なので
熟練者しかさせて貰えません。
綺麗に枝打ちをしないと 北山杉の特徴の一つでもある
絹の様に滑らかな木肌にならないのです。
其れから順番に3番、4番となるわけですが
それに連れて梯子も 1間(いっけん=約2m) 10尺(約3m)
2間 (約4m) 2半(約5m) 3間(約6m) 3半(約7m) と
梯子も伸びていきます。
梯子の上から更に登って枝を払うことも多々あります。
脚を木に回しバランスをとって両手は離して
鎌で(鉈で)枝を打ちます。
他の林業地帯の様な太い木を打つのでは無く
ゆらゆらと揺れる細い木………
6m〜15mの高さでの作業は
高度な技術と 運動能力が要求される枝打ち。
今では数名になり後継者作りが急務です。
作業写真








【北山杉見学ツアー随時予約受付中】


スポンサーサイト
北山杉について | 22:01:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad