FC2ブログ
 
プロフィール

中田 治

Author:中田 治
京都北山にて育林・販売事業を営んでいます。
北山の自然を守りたい、後世に残したい、日々その思いでがんばっております。

北山杉見学ツアー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

リンク
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
森林のあり方
北山杉の植わる我々の地区をはじめ
森林国、日本全国には林業地と呼ばれる地区や
その他山に近い地区など沢山の居住区と山林が
隣接した場所が数多くあります。
又近年の温暖化、異常気象による局地的な集中豪雨による
山林崩壊で 山崩れによる流木被害が問題になっています。
ある雑誌で
真っ直ぐに育った杉は川を下って
ミサイルのように家屋に突き刺さった。
このような表題で書かれていた記事を読みました。
真っ直ぐに育った杉、檜は流木としてミサイルのように
流れ出すので 伐ったら放っておくのが良い
そうすれば 広葉樹が自然に生えてくる
広葉樹は真っ直ぐに伸びないから流れても
安全である……国立大学の教授のの話
しかもこの人森林環境学科
林業をする人はそこに植えたり植わる木で
経済活動をしている。
広葉樹は育つのに何百年かかる……
80~100年で伐採できる針葉樹とは違う。
災害時に危険やから植えるなとは 林家に失礼な話です。
治水治山をもっと進めるのなら
其れを担っている全国の林家の木材を
以前の米の様に買い上げるのが筋。
何よりも早く関税をなくし外材を入れ
日本の森林環境を悪化させ
日本に居なかった害虫まで輸入した
国の責任は大きいと考えます。








【北山杉見学ツアー随時予約受付中】


スポンサーサイト



北山杉をとりまく環境レポート | 21:58:03 | トラックバック(0) | コメント(0)