FC2ブログ
 
プロフィール

中田 治

Author:中田 治
京都北山にて育林・販売事業を営んでいます。
北山の自然を守りたい、後世に残したい、日々その思いでがんばっております。

北山杉見学ツアー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

リンク
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
北山杉の伝統技法を守る
何処の林業地でもそうですが後継者不足を
良く耳にしますし北山杉も他ではありません。

特に北山林業の場合は非常に繊細な技を要求されます。
うっかり手元が狂うと骨迄入るような薄い鋭い嘴の様な刃の枝打ち鎌
鉈も他の地方と比べると薄く長い刃…全て北山型と呼ばれます。
このような道具を使い非常に短いサイクルで手入れを繰り返す…
言い換えれば造園の様な林業。
植木の職人さんがおられるのと同じで育林のの職人さんがいます。
極力傷口を小さくして枝を打つ技、徐々に木が長くなると
梯子が2m…3m…4m…5m…6mと長くなり
しかもその上、手足で葉先迄登って枝を打つ。
まだある。その時に葉のバランスを見ながら枝を払う技。
時期、木の立っている向き、傾斜…全ての事を考えながらの
作業が要求されます。
最低でも5~8年かかる修行。
それを教えられる技術者の高齢化…
今ならまだ教えられる。

しかし経済活動ができてこその技術継承。
お茶室、数寄屋建築には必ずいる部材。
支援がいるのかも知れませんが
最後の1人にならないとそれも分からない現実があります。
作業写真







【北山杉見学ツアー随時予約受付中】


スポンサーサイト



北山杉について | 19:01:46 | トラックバック(0) | コメント(0)