FC2ブログ
 
プロフィール

中田 治

Author:中田 治
京都北山にて育林・販売事業を営んでいます。
北山の自然を守りたい、後世に残したい、日々その思いでがんばっております。

北山杉見学ツアー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

リンク
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
葺材で一番古いのは草です。現在でも農村部に行くと茅などが使われています。京都では平安時代には板葺きやねが普及していたと考えられます。但し檜皮葺きの屋根は非参議五位以上の貴族に限定されていた模様です。大きなそりの付いたものには、檜皮や柿葺きと思われるものも古い絵図には書かれています。瓦の仕様は寺院や宮殿に限定されていました。
京都の町屋に 平入りが多いのは何故?間口が狭く奥行きが長い建物に切妻屋根を架ける場合は、材料効率から言うと妻入りが有利と言う事です。
崇福寺こけら葺き
kawara_01.jpg


【北山杉見学ツアー随時予約受付中】


スポンサーサイト



北山杉を使った建築物など | 15:35:41 | トラックバック(0) | コメント(0)