FC2ブログ
 
プロフィール

中田 治

Author:中田 治
京都北山にて育林・販売事業を営んでいます。
北山の自然を守りたい、後世に残したい、日々その思いでがんばっております。

北山杉見学ツアー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

リンク
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
本仕込
本仕込を作業して頂いてる尾島敏明親方。小僧のときから30年近くお世話になってます。中川に居られる60以上の方は殆ど経験なさってるこの作業を、今「組」として出来るのはこの親方のみ。(口ではみなさんなされますケド…)5名いないと本槍は組めないし、しかも息がピッタリあってないと大怪我します。
何故良いのか?
切る年の厳寒に葉を有る程度落とし、生育の調整をする。(この作業をしないと夏に木を切れない)そして真夏に木を切る。夏は陽、紫外線が強く照射時間長く風があり雨が少ない。山にて人の手作業で葉が付いている状態で根っこを切り槍組にし木を立てかけたまま皮を剥く。当然木肌には 樹液が付いたまま…そのままで乾いていく。樹液がオブラートの様な役目をして 陽風を受けてもストレスなく乾いていく。人工乾燥の原理を先人は自然の力を借りて行っていあた。(何とすばらしい事か!)製品は割れに強く 光沢が持続する。玉の木肌とはこの事。
人が木に息吹を吹き込み、木と語りながら 作業をする。一番良い状態まで 親方は妥協しない。どんな木でも 生を受けて 我々山の人間が愛情を込めて育てた木を最良の状態で嫁に出したい(この地区では出荷を嫁入りと言います)  木に携わる者が いつも思う事です。
P1000657.jpg

IMGA0696.jpg<

P1040867.jpg

P1050016.jpg

P1050031.jpg




【北山杉見学ツアー随時予約受付中】


スポンサーサイト
北山杉について | 09:55:10 | トラックバック(0) | コメント(0)