FC2ブログ
 
プロフィール

中田 治

Author:中田 治
京都北山にて育林・販売事業を営んでいます。
北山の自然を守りたい、後世に残したい、日々その思いでがんばっております。

北山杉見学ツアー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

リンク
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
地名の変遷3
中川村の形成について記載された「荘園史料」によると中川村が人語寺領に移管される事情を詳しく記されている。先に行政について記載された「大日本史料」よると「中河、市ノ瀬、中島、善妙寺、平岡」の五か村をもって梅が畑郷を形成された事が記載されている。従って梅が畑村の内中河村となるのだが、何故このような行政区なったかは人口動態によるものと考えられる。郷村は梅が畑郷を形成していたが、実際は行政面では御室御所の仁和寺領に属している。仁和寺は荘園であるため不輸租地(免税)である。一方神護寺領は不輸租地でないので課税がある。一つの村の中に複雑な事情があり統制がとりにくく不融和状態であったために、仁和寺へ神護寺領移管を願い出(中河荘事、御室御所之処へ申入候」)たが中々認められず、最後は法親王の裁可で移管された。

【北山杉見学ツアー随時予約受付中】


スポンサーサイト
北山杉について | 21:46:31 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad