FC2ブログ
 
プロフィール

中田 治

Author:中田 治
京都北山にて育林・販売事業を営んでいます。
北山の自然を守りたい、後世に残したい、日々その思いでがんばっております。

北山杉見学ツアー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

リンク
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
天然出絞りの品種 1
北山天然出絞りには確認されているもので約14種あります。1)孔雀・・・原産地、山国、この品種は極端に活着不良しかも発育極めて悪い。しかも枝が太くて硬いために枝打ちをしたあとがも盛り上がる傾向があり晩成型である。北山の長老でも品種名や特性を知る人はいなくなった。所有林に植えてあり表面に孔雀の羽根模様が出ると先代より聞いた事があるのですが、私は見たことがありません。  2)楳田・・・原産地、杉坂北尾、明治時代発見者は楳田市兵衛氏。発育は普通以下、北向き東向きには発育は少しは良くなる。雪害には比較的に強い。文様は枝打ち後のようなくぼみ(えくぼ)が出来、柄はねじれて余りかんばしくない。  3)落合・・・楳田絞の場所の近くの通称落合という場所で発見された。大正時代発見者は中田繁造氏。コブ型の派手な文様。晩成型で活着不良、コブの文様が必ず一箇所抜ける傾向が強い。片枝になりやすく木曲がり率が高い。

【北山杉見学ツアー随時予約受付中】


スポンサーサイト



北山杉について | 20:54:13 | トラックバック(0) | コメント(0)