プロフィール

中田 治

Author:中田 治
京都北山にて育林・販売事業を営んでいます。
北山の自然を守りたい、後世に残したい、日々その思いでがんばっております。

北山杉見学ツアー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示
北山杉の天然並絞り(天然絞り)
北山杉の天然絞りについてのお尋ねについて。
小社では基本  凹凸のある天然出絞り 筋の様な模様のある天然並み絞り を
含めて天然絞りと称しています。
ここでは天然並み絞りについて紹介します。
天然並み絞りは 人造絞り(人が棒状の方を針金等で木に巻き付けかたをつくる)の
原型となったものです。
小社の先代が探してきた天然並み絞りの苗がありますが
挿し木をして遺伝子を繋ぐことはまれで 殆どが地味、山の向き等自然条件に左右されます。

やせた土地の西に向いた陽が長く当たる場所には出やすいですが
丸太表面の一部だけに出る事が多く(日なた絞り と呼ばれる)
商品価値としては低いですが  まれに全体に出るものがあります。
これは大変価値が高く重宝されます。
IMG_2807.jpg

特に10cm位のものはそうあるものではありません。
茶室や数寄屋建築の床柱に重宝されますが
最近では 若い方に好まれることが多くなりました。
IMG_2806.jpg
これは天然出絞りのバランスがとれた良い品物

【北山杉見学ツアー随時予約受付中】


スポンサーサイト
よくあるご質問 | 10:28:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
北山杉に良くみられるニキビ?
北山杉の表面にブツブツのニキビの様な突起があるものがありますね
あれは何ですか?
北山杉の表面にたまに見受けられます。
ハブシとも言い気根のことです。
通常 根には向土性があります。根は普通は地中にあって植物体の地上部を支え、地中の水などを吸収したり、養分の貯蔵の働きをするが、地上茎からの不定根や地中の根の一部が地上に出たものが特別の働きをすることがあり、このような根を気根という。気根はその働きや形によって、付着根、呼吸根、支柱根、保護根、吸水根、同化根、根針(こんしん)などに分けられます。
北山杉の場合、谷淵や沼の近くの水分の多い所にある木には見受けられる事が多いです。又伐採時の残木(搬出しない木)を木の根本部分に積んで置いたりすると出る確率も上がります。何れにせよ木の品質に問題はありません。



【北山杉見学ツアー随時予約受付中】


よくあるご質問 | 14:28:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
北山杉のお尋ね
北山杉を新築に使いたい…
お値段を聞かせて頂きますか?
よくお電話頂きます。
用途や種類、又長さや太さによっても
値段に違いがあります。
標準的な大手住宅メーカーの設計単価を
基準にお話ししてご説明させて頂いていますが
ご予算や用途に合わせ出来るだけ
ご要望にお応え出来るように
致しております。
遠慮なしに わからない事など
お電話頂ければ結構です。
本日も お電話 ありがとうございました。
IMG_6971.jpg
IMG_6972.jpg
IMG_6983.jpg
IMG_6974.jpg
今日は桃の節句
20170303200801614.jpg


【北山杉見学ツアー随時予約受付中】


よくあるご質問 | 20:08:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
北山杉で上品なのは…
床の間の北山杉床柱を何にすればいいか?
自己主張があまり強くなく、かと言って大人しすぎず
床の間の飾りを引き立たせる柱…。
この様なご質問に3本の柱をお見せしました。
北山杉では
天然出絞りの紋様の大人しいもの
天然縮緬絞り
そして天然並絞り
何れも自信を持ってお薦めしますが、
和室の広さ、奥様、ご主人のご趣味等々をお聞きした上で
天然縮緬絞りをお薦めしました。
201509032218056ca.jpg


【北山杉見学ツアー随時予約受付中】


よくあるご質問 | 21:46:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
北山杉に色をつけると…
北山杉に色を付けたい…
そんなご相談を受けました。
そのままでは、はじくので
下地としてウレタンを塗る方法もありますが、
削り丸太にしてサンダーで仕上げる方法と
全面を、手斧ではつる方法を提案しました。
はつる方法は全て手作業なので大変ですが味のある
良いものが出来ます。
201505112111465d0.jpg
20150511211144d21.jpg
ブルガリのチョコレート頂きました。
限定品の超高級品!感謝。
201505112111442ac.jpg


【北山杉見学ツアー随時予約受付中】


よくあるご質問 | 21:13:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad